料理得意女子とエッチ 2

moteru-料理得意2今回は前回の続きです。

 

ソファに一緒に座って、肩を抱き寄せて、

舌を絡めるディープキス。

もうここまでくれば、本番までいける。

というか、あまり女子との経験のない人は、

本番までの道のりって遠いような気がしてたりするのですが、

実は、キスまでしてしまえば、普通、

もう本番まで行けることがほとんどなのです。

外とか、ひと目があるところでは

そうも行かないかもしれませんが

特に、彼女のうちなんてシチュエーションで、

ディープキスまでいったら、もう逆に

本番まで行かない方が不自然。

途中でやめたら、むしろ彼女に

「なんか、あたしに気に入らないことでもあったのかしら」

なんて心配されてしまうかもしれません。

激しくキスしながら、胸とか背中とか、ブラウスの中に

手を入れて、直接まさぐっちゃう。

すると、彼女も息を荒くして、ぎゅうっとしがみついてくる。

まあ、そんな感じですね。

しかし、いきなり、初めてのデートとかで、

唐突すぎないか?と心配する人もいるかもしれませんが、

私の経験から言うと、本番エッチまで至るケースというのは、

むしろ、そういうふうに展開が早いことが多い。

逆に、だらだらと長い期間、付き合っているのか、

なんなのか、よくわからないような相手とは、

結局、エッチまでいけないことが多いような気がします。

出会いからエッチまでの期間の長さって

あんまり気にする必要はないと思います。

逆に、男のほうが、「大丈夫かな?」とか

「早すぎるんじゃないか」とか躊躇すると、

相手の女子の方も「ビッチとか思われてるんじゃないか」

とか、そういう気持ちになっちゃって、

うまくいくものもいかないことがあります。

だから、ここはチャンスだ!とか思ったら、

どんどん行っちゃったほうがいい。

 

彼女の胸や背中をまさぐりながら、

どんどんブラウスとかブラとか脱がせていってしまう。

彼女のほうも、ここまで来ちゃうと、完全エッチモード。

目をつぶって感じながら、

「ああああ、とか、お願い!お願い!」

とか言い出す。

自分から服とか脱ぎやすいように腰を浮かしたりする。

やっぱり、うちで料理を食べて!とか言い出した時から、

もうこうなることを半分予測というか期待していたんでしょう。

だから、彼女の期待に応えてあげる。

もうあせる必要はないので、ゆっくり優しく。

しかし、この子と絶対エッチするんだ、

という断固とした、ゆるぎない態度で、

愛撫とかキスとかを浴びせたおす。

ここまで来ちゃうと、女の子っていうのは、

恥ずかしがったりはあまりしません。

向こうも、こちらの愛撫とかに答えて、

こっちの身体をまさぐってきたり、

身体を舐めてきたりする。

この子の場合は、お尻が好きみたいで、

こっちのお尻を触るというか揉んでくる。

「ああああ、好き!好き!」とか「お尻が好きなの」

とかエロいことを口走る。

こっちも、その頃には、びんびんになっているので、

そのまま、突っ込んじゃってもいいし、

もし、フェラしてもらいたいのなら、彼女の口に

自分のペニスを持っていけばいい。

中には、フェラ慣れしてない子っていうのもいますけど、

まあ、たいてい、いまどきの子は咥えてくれます。

まあ、その辺は、別に、決まった段取りがある訳じゃないし、

好きにすればいいんじゃないでしょうか?

え?ゴム?

ああ、まあ、避妊とか万全を期したい人は使えばいいけど、

持ってなければ、しょうがないでしょ。

中だしは止めといたほうがいいし、慎重な人なら、

彼女にお呼ばれした時に、用意しておくべし。

 

お互いに目を見つめながら、正常位で挿入。

こういう時、声を上げる子もいれば、

あまり声を出さない子もいますけど、

まあ、感じているかどうかは顔を見ればわかるはず。

ぎゅうっと全身に力が入り、感じた顔になる。

彼女は、肌が白く透き通るみたいだったから、

興奮すると、顔、首、胸が赤くなる。

はあはあ、と喘ぎながら、目が宙を舞う。

(次回に続く)

料理得意女子とエッチ 3

料理得意女子とエッチ 1

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^



本日のランキング応援クリックありがとうございました(*´∪`*)


秘密のエッチ体験談告白/エロ体験まとめ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

  • 地味メガネ女の本当の顔

    いろいろな女と付き合っていると、 ときどき、「嘘でしょう?こんな子だったの?」 ということに出くわすことがあります。

  • アスリート女子との激しくセックス

    「来週ですよお! 来週の土曜日と日曜日ですよお! 忘れてませんよねえ!」

  • 超興奮!夫凝視のスワッピングプレイ 2

      (今回は前回の続きです) もだえまくる奥さんをバックからがんがんに突いてあげました。 まあ、ちょっと中年のダンナと違って、 若い硬いペニスで、激しく責められたい、というニーズに 応えてあげた、というところで […]

  • 地下アイドルでセフレで人妻である

    私のセフレのひとりに、地下アイドルやってる子がいます。 年齢非公表なんですが、地下アイドル歴8年だから、 まあ、アイドルというには、結構いい年齢。かもしんない。

  • これは、もしかして枕営業?

    ネットなどでは、たまに、「枕営業」の話題って、 出てきますよね。

  • 声優の子はセックスの時もいい声で啼く

      あなたは、声優の子とセックスしたことありますか? そういえば、漫画「バクマン」では、主人公のひとりの 作画担当の男子には、若手声優の彼女がいて、

  • リアルセックスだから味わえること

    「リアルなセックスなんて面倒くさいし、 性病が心配だし、女は邪悪だしNG! 今は、おかずの動画もいっぱい見れるし、 テンガもあるから、オナニーしてれば十分楽しいし!」 という人が増えているような気がします。

  • 3Pセックスの微妙に面白いとこ

    お正月早々、成人式を迎えた女子ふたりと3Pセックスを 楽しみました。 正確に言うと、成人の日の前々日の土曜日のことです。

  • 女って、こんなにエロいものだったとは!

      ある時、あるサイトのコラムで、 「健康で若い女ほど性欲が強い」と書いたら、 「いくらなんでもそんなバカな話は信じない!」という コメをもらったことがありました。

  • 命令服従の関係に慣れてる女性自衛官

      皆さんは、女性自衛官の知り合いっていますか? 私にはいます。 いますどころか、女性自衛官とエッチしたこともありますよ。

  • 夏・海・ナンパの成功術

      最近、若者の海離れが顕著なんだそうですね。 つまり、今くらいの時期になっても、海に行かない。 実にもったいないことです。 女子とセックスをしたいけど、なかなかそのチャンスがない、 という人は、海に行けばいい […]

  • 劇団の女の子とのセックス2

    今回は前回の続きです。   普段は、おっとり系の巨乳ちゃん、かの。 最初のセックスは最高に盛り上がって、 それからしばらくは、時々、誘い合って、 セックスを楽しみました。

  • 幸せになれない女とのむさぼりセックス

      男にも、いろいろな性癖、性格の人間がいるように、 女にも、いろいろ変わった奴がいるものです。 その中でも、一番記憶に残った女、それは、 飲み屋で出会ったH子でした。

  • 初体験した人に感想を訊いてみた!

      今回は、初体験を済ませたばかりの26歳Aさんに その体験談を語ってもらいます。

  • オフ会で超変態のセフレができた!

    今の時代、ネットで女をゲットする、という話は よくあることです。

  • カックルドというセックスプレイ体験記2

    (今回は前回の続きです)  カックルド。夫の目の前で、奥さんとかと セックスするプレイのこと。

  • 日本大好きフランスっ娘とエッチ

    最近、テレビ番組とかで、「日本好き」 「子供のころから日本に来て見たかった」 なんてインタビューに答える外国人の女子、 なんてシーンが流れたりすることがありますよね。 そういう子って、ほんまにいるのかいな、

  • 宿呑みから乱パ 1

    最近は、そういうことはしなくなったのですが、 ちょっと昔の話。まだ、サラリーマンだった頃のことです。 夏休みに、気の合う同僚(男2人)と民宿に海水浴に行きました。

  • 家出女子のその目的

      昔、ある地方都市に転勤して暮らしていた時のことです。

  • 自主AV制作を口実に乱交しちゃった!

      女を落とす確率を上げるには、女の習性を知って、 それに即して接するって、当たり前のようですけど、 これが全然できてない男って結構いるものです。

誰も知らない超穴場ナンパスポットの実践日記(。+・`ω・´)シャキィーン☆

  • ナースに逆ナンされる

    女と男、出会いって、いろいろなところであるけど、 大人になってからの一番の出会い場所は、 やっぱり、夜の飲み屋、なんじゃないでしょうか?

  • 保母さんの本当の性欲1

    あなたは、セックスの時、おとなしくて反応の薄い子と すごくエロくなって乱れる子とどっちが好きですか? 私は、圧倒的に後者の方のタイプですね。

  • 保母さんの本当の性欲2

    今回は前回の続きです。   ナンパでひっかけた、巨乳女子は、 25歳、職業保母さんでした。 彼女は、ラブホで「本物の保母さんとそういうプレイする?」 とか誘ってきた。