サセ子の純情

onnasoj

よく世の中では、女子のことを「あいつはビッチだ」とか

「ヤリマンだ」とか、逆に、「うぶだ」とか

純情だとか、淫乱だとか、まあ、いろいろ言いますよね。

まあ、皆、結構、簡単にそんなこと言いますけど、

人間っていうのは、そんなに簡単にレッテル貼りは、

できないよなあ、いろいろな面があるからなあ、

なんて、いろいろな女子と遊んだり、セックスしたり、

愛し合ったりしていると、つくづくそう思うことがあります。

たとえば、こんな子の話。

 

ある日、女子2人、男2人で、居酒屋で、

飲む機会がありました。

女子2人は、1年前くらいからの知り合い。

(セフレではない)

ひとりは、K美28歳。大手企業OLの姉御。

もうひとりは、S麻23歳。この企業を辞めて、

今はバイトとかでフラフラしてるフリーター。

(実は、友人うちでは、すぐ寝ちゃう女、

ヤリマンって噂になっている)

男は、私と、Y志35歳。印刷会社勤務の、

彼女いない歴15年くらいのさえないサラリーマン。

まあ、別に、その日は、エッチとかするつもりはなく、

のんびり飲んで、バカ話をしていました。

実は、私、おせっかいにも、彼女がずううっといなくて、

女に不自由しているY志が、どちらかと出来ちゃえば、

いいかなあ、とか思っていたのです。

で、まあ、とりあえず、お股のゆるいらしいS麻ちゃんを

Y志の隣に座らせました。

 

で、そのプチ宴会、皆、酔ってきて、

個室の壁に、かけられていたギターが目についた。

すると、酔ったY志氏、「ああ、ギターだ、弾いちゃおうかなあ」

とか言い出してぼろん。

ええと、飲みの会とかに、ギターって、イタイ場合が多いのですが、

Y志、案外、というか、かなりギターが上手で、

そのうちに乗ってきて、10分くらい、夢中になって

弾いていて、それから、はっと気づいたようで、

「あ、つい夢中になっちゃった。ごめん」

聞けば、子供のころから、ギターを習っていたんだそうです。

なるほど。すんげえうまい訳だ。

ま、それはともかく。

意外だったのは、S麻の挙動でした。

彼女、Y志がギターを弾き始める前までは、

冗談なんか連発して、リラックスしてたんですけど、

彼のギターを聴いた途端、急に、顔がこわばって、

演奏が終わると同時に、席を立ち、トイレへ、

しばらくして戻ってくると、今度は、彼から離れて、

私の背中に隠れるように座った。

それから、顔を赤くして、こわばった表情になり、

あまりしゃべらなくなった。

その会のお開きのあと、Y志「ギターまずかったですかねえ、

なんかS麻さん、いやな顔になっちゃったみたいで」

「うん、なんだかなあ」

Y志と別れて、すぐ、そのS麻ちゃんから電話。

「あの、中原さん、もしよかったらうちに寄ってくれませんか?」

電車の時間も気になったんだけど、彼女のうちが

そこから近い、ということもあって、

教えられた道順で、彼女の一人暮らしの家に行きました。

深夜、自分のうちに、男ひとりを呼ぶということは、

「今日は、OKよ、というよりむしろしてください」

ということか?

という予想どおり、ふたり、アパートの部屋で、

並んでお茶を飲み、変わりばんこにシャワーを浴びて、

まあ、自然の流れで、抱き合い、キス、服を脱がせあい、

セックスという流れに。

(こいつ、うわさどおりのサセ子ちゃんだったんだ)

とか思いましたけど、まあ、サセ子だろうが、うぶ子

だろうが、なんだろうが、セックスできたんだから

いいんじゃないか、とか思って、服を着ようとすると、

彼女、私の顔をじっと見つめてきて、

「あたし、今日、本当に好きな人に出会ったんです!」

とか、すごく真剣な顔で告ってきた。

やばいなあ、そういう真剣なの、ちょっと苦手なんですけど、

とか内心、ちょっと焦っていたら、

「それはね、Y志さん!」

さっきまで、全然だったのが、ギターを弾いている姿を

見てたら、心が、ぎゅううううううんと

掴まれてしまったんだそうです。

「もうダメです。あたし、落ちました」

(え?おれじゃなかったの?じゃ、さっきのセックスは

なんだったんだ?)

「なんだ、Y志が本命だったんなら、僕じゃなく、

Y志をここに誘えばよかったんじゃない」

「だめです。死んじゃいます」

「え?どういうこと?」

「あたし、好きになっちゃうと、もうダメなんです。

固まっちゃうんです。顔を見れないんです。

彼の視界から、自分を消してしまいたいんです。

誘って断られたら、とか、そもそも、あたしみたいな子、

Y志さんが相手してくれるはずがない、とか思っちゃうんです。

そう思うと、絶対にダメ!」

「えええ?それじゃあ、いつまでたっても

本命とは付き合えないジャン」

「いいんです、仕方ないんです。でも、なんか

そういう時、なんか、どうしてもセックスがしたくなっちゃって」

「え?じゃあ、俺は、Yの代わりなの?」

「代わりって訳じゃありませんけど、なんていうのかな、

うまく言えません」

代わりでしょう。間違いなく。

つまり、彼女の性癖といってもいいでしょうけど、

ある男が好きになっちゃうと、そいつの前では、

なんもできなくなって、いや、前に立つことさえ、

不可能な感じになる。でも、その感情が芽生えると、

なんだか、無性にセックスをしたくなって、

「どうでもいい男」とセックスしがちになっちゃうらしい。

これが、「サセ子」って呼ばれている理由でしたか。

案外、こういうこと、男子にも当てはまる人が

いるような気がします。

すばり、本当に好きな「本命」の女子には、

何もできなくて、どうでもいいと思ってた子に、

声をかけて、セックスできちゃう。なんてこと。

あるんですよねえ。

私にも経験があります。

この子の場合は、ちょっと極端かもしれませんけど、

案外、女子にも、このパターン多いんじゃないか。

こういう子って、やってることは、まさにサセ子なんだけど、

心は、すごく純情、ってことなんじゃないかなあ、

とか思うのです。

皆さんは、どう思いますか?

あ!それから、どうやら私は、S麻にとっては、

「どうでもいい男」認定だったんだ!

まあ、いいや、一発できたんだから。

 

⇒人間いつもいつも、理想の相手と好き合って、

理想の形で結ばれる、なんてことは、なかなかないものです。

「本当に、こいつでいいのかな?」とか、

「なんでもいいから、今日はやっちゃおう!」とか

まあ、必ずしも、思い描いたとおりのセックスからは、

程遠いもので、経験を積み重ねたりしてね。

そのうち、本当に、「この子から、俺の子供を産んでもらって、

一生面倒見てもいいかな」という子に出会えるかもしれない、

ってなところですよ。

その子の「生涯愛する一番の男」になる必要はありません。

むしろ、「どうでもいい男なんだけど、まあ、こいつなら

セックスしてもいいかなあ」というくらいのスタンスのほうが、

結局、うまくセックスできたりする。

そういうことでいいんじゃないでしょうか?

そのうち、いろいろな女子とセックスしているうちに、

「セックスの相性もいいみたいだし、話も合うし、

こいつといると楽だなあ。こいつにするか」なんて、

ことになって、本彼、本かの、結婚とか

進んでいくんじゃないでしょうか?

そのスタンスの取り方って、ネットで学ぶことができます!

見てみてください!きっと参考になりますよ!

⇒ うっかりハメちゃう、性欲トラップ~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術のレビューと特典案内はコチラ

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^



本日のランキング応援クリックありがとうございました(*´∪`*)


秘密のエッチ体験談告白/エロ体験まとめ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

  • 劇団女優と「愛人ごっこ」

    世の中、女優さんになりたい!という女子って 結構いっぱいいるものです。 そういう華やかなものに憧れるのって、女子の本能なのですよね。

  • 家出女子のその目的

      昔、ある地方都市に転勤して暮らしていた時のことです。

  • 命令服従の関係に慣れてる女性自衛官

      皆さんは、女性自衛官の知り合いっていますか? 私にはいます。 いますどころか、女性自衛官とエッチしたこともありますよ。

  • 女友達2人と芋づる式にセックスする

    モテない奴はモテないで、モテる奴はどんどんモテる。 格差はどんどん広がっていく。 こんな現象って確かにあるのです。

  • ナンパ武勇伝 南の島でヤリ放題!

    前回、「女がやりたい相手を探しに来る場所にいくこと」 「女がやりたいタイミングで誘うこと」という 女とやるための大原則の話をしましたが、

  • とにかく明るい、セックス大好きっこ

    大昔、今から30年くらい前の人気ドラマで 「東京ラブストーリー」という番組がありました。

  • 宿呑みから乱パ 3

    今回は前回の続きです。   夏の旅行で釣り上げたナイスバディのJD2人組 あっこちゃんとモコちゃん。

  • 宿呑みから乱パ 2

    今回は、前回の続きです。   とある小さな漁師町の民宿に遊びに行った男三人。 ものすごくおいしそうなJD2人組をナンパすることに成功。 宿で飲んでいるうちに盛り上がって、 とうとう本番エッチに突入。

  • 宿呑みから乱パ 4

    今回は前回の続きです。   片田舎の漁師町に夏休み旅行に行った男三人。 ラッキーなことに、ナイスバディのエロ水着JD 二人組女子をゲット。 民宿で一緒に飲むうちに、なし崩し的に乱パ状態に!

  • 保母さんの本当の性欲1

    あなたは、セックスの時、おとなしくて反応の薄い子と すごくエロくなって乱れる子とどっちが好きですか? 私は、圧倒的に後者の方のタイプですね。

  • 宿呑みから乱パ 1

    最近は、そういうことはしなくなったのですが、 ちょっと昔の話。まだ、サラリーマンだった頃のことです。 夏休みに、気の合う同僚(男2人)と民宿に海水浴に行きました。

  • カックルドというセックスプレイ体験記1

    皆さん、カックルドという言葉を知っていますか? 英語では「CUCKOLD」と書きます。 CUCKとは、あの鳥のカッコーのこと。

  • 保母さんと幼児プレイ

      保母さんとセックスしたことありますか? 私は、保母さんとはしたことありませんが、 保母さんの卵、つまり、幼児保育の勉強をしている 大学生とセックスしたことがあります。

  • ナースに逆ナンされる

    女と男、出会いって、いろいろなところであるけど、 大人になってからの一番の出会い場所は、 やっぱり、夜の飲み屋、なんじゃないでしょうか?

  • 料理得意女子とエッチ 1

    最近知り合って、エッチをした女子に 「料理好きな子」がいました。 彼女は、21歳で、今、派遣でOLをしてる子。 顔立ちは、二階堂○みにちょっと似ている可愛い子。 料理がおいしいと評判のワインバーで知り合いました。

  • 料理得意女子とエッチ 2

    今回は前回の続きです。   ソファに一緒に座って、肩を抱き寄せて、 舌を絡めるディープキス。 もうここまでくれば、本番までいける。 というか、あまり女子との経験のない人は、 本番までの道のりって遠いような気がしてたりする […]

  • 出会った!誘った!喰ったどお!

    このブログでは、今までの苦労が嘘みたいに 面白いように女にモテる、すぐに女とやれるコツ、 テクニックを伝授していきます。

  • 真面目人妻調教日記2

    今回は、前回の続きです。   あることから知り合った、真面目人妻さとみ、34歳。 ちょっといたずら心が出て、この人妻を誘惑して、 堕とすことにしました。

  • 婚活サークルでエッチしまくった!

      今回は、ある婚活サークルで女性とエッチしちゃったという ちょっとうらやましい体験をしたHさん・34歳のお話です。

  • 夏・海・ナンパの成功術

      最近、若者の海離れが顕著なんだそうですね。 つまり、今くらいの時期になっても、海に行かない。 実にもったいないことです。 女子とセックスをしたいけど、なかなかそのチャンスがない、 という人は、海に行けばいい […]

誰も知らない超穴場ナンパスポットの実践日記(。+・`ω・´)シャキィーン☆

  • 不二子みたいな女と

    人気歌手で人気俳優の星野○は、 「ちっぱい」な女が好きなんだそうです。 この前、読んだエッセイに書いてありました。 私の彼女たちには、ちっぱいもいれば巨乳もいます。 ちっぱいにはちっぱいのよさ、巨乳には巨乳のよさ、 普通 […]

  • 女子自衛官とSMプレイ

    以前、ナースに逆ナンされた話を書きましたが、 同じ飲み屋(といっても女子が好きそうなこじゃれた飲み屋) で、また、同じ友人と、また、女子ハントに出かけた時の話です。

  • ナースに逆ナンされる

    女と男、出会いって、いろいろなところであるけど、 大人になってからの一番の出会い場所は、 やっぱり、夜の飲み屋、なんじゃないでしょうか?