地下アイドルとのエッチは内緒

onnasbf

この話は、2年ほど前のことですけど、

まず、最初におことわりしておきたいのですが、

地下アイドル、つまり、メジャーのプロダクションとかには、

属してなくて、独立して、アイドル活動をしている子が、

すべて、こういうことをしている訳ではありません。

私と出会った地下アイドルの子とが、

たまたまそういうことになったということなので、

その点は、よろしくお願いします。

 

彼女の名前は、愛海(あみ)ちゃん。

歳は、内緒だけど19歳。

地下アイドル歴は3年なんだそうです。

知り合いになったきっかけは、

私の男友達で、地下アイドル好きの奴に誘われて、

ライブに行ったことからでした。

地下アイドルというのは、基本的には、

ファンの数が少ないので、ライブも単独で出来る子は

非常に少なく、大体、5組以上の子達とかが集まって、

ライブ会場を借りて、開催することが多いのです。

で、私の友人の推しアイドルは別の子だったのですけど、

その子と組んでいた子が愛海ちゃんだったのです。

ステージに出てきた愛海ちゃんは、

結構、歌もダンスも上手で、ちょっと個性的な顔立ち

とも言えましたけど、可愛かった。

フィギアスケートの若手ホープのなんとかまりんとかいう子に

感じが似ていたかな。

全てのライブステージが終了すると、「物販タイム」。

知らない人のために説明すると、

「物販タイム」とは、ライブに出てた子たちが、

基本、自分の生写真とかそれをあしらった小物グッズとかを

作ってきて、それを自分で販売する時間です。

たとえば、生写真(といってもまあ一番刺激的なもので

水着までかな?)3枚セットで1000円とかね。

女の子たちが、それぞれ自分で料金を決めるので、

まあそれはまちまち。

ファンとしては、半分、彼女たちを経済的に応援する

つもりもあって、それを購入する。

その時、握手したり、言葉を交わしたりできる訳です。

私は、愛海ちゃんの生写真セットを2セット、2千円で

購入してあげました。

その時、なぜ、愛海ちゃんのグッズを買おうと思ったのか、

自分でもちょっとわからないのですが、

とにかく、物の弾みで買っちまったんですよ。

そして、その後、

ライブの全てがそうとはかぎらないのですが、

このライブでは、「打ち上げ」と称して、

出演した子のうちの何人かとファンたちの

懇親飲み会なんてものがあり、

そこで、愛海ちゃんとさらに言葉を交わす機会が。

それも、偶然なのか、意図的なのか、

彼女、私の隣に座ってきたのです。

「さっき、グッズ買っていただいた方ですよね」

とか言いながら、お酌をしてくれる。

「うん、そうだよ」

「ええとお、あのう、」とちょっと何か言いにくそうな彼女、

「ああ、俺、こういうライブ、初めてなんだ。

だから、君ともお初だよ」と先回りして助けてやる。

「あ、そうですよねえ。初めてですよねえ」

と彼女、ほっとする。

「俺、こういうヲタ系のイベントとか興味なくて」

言ってから、しまったとか思う。

私だって、失言とかミスとかはあります。

「あ、でも、今日でちょっと気持ち変わった。

なんか、愛海ちゃんの頑張ってる姿見て、

なんかエネルギーもらったっていうか」

とかフォロー。

すると、ちょっと曇った顔が明るくなる。

「そうなんだあ、うれしい!」とか。

こういう時、可愛いとかほめる手もなくはないのですが、

やや月並みだし、こういう子は、そういうの、ファンの人から

言われなれてるから、あんまり刺さらないことが多いのです。

それよりむしろ、「頑張ってる」とか「一生懸命だよね」とか

努力している面を評価してあげるほうが、

彼女自身、本当に頑張ってる分、刺さったりするのです。

その効果もあったのか、懇親会終わりの頃に、

「さっきの生写真にサインするの忘れてました、サインさせて!」

とか言って来て、そこに連絡先を書いてよこしてきたのです。

そこで、ライブの日から数日して、そこに連絡。

すると、彼女、連絡を待ってたみたいで、

すぐに、デートしましょう。ということになりました。

ええ?なんで、そんなに、話が早いの?

とか思われる人もいらっしゃるかもしれませんけど、

男と女ってうまくいく時って、そんなもんなんです。

まあ言えば、女がその気の時に、男としては、

どんどん行っちゃうほうが、成功(性交?)率は高い。

大体、失敗するのは、男が余計なことを考えて、

もたもた、うじうじしてる場合ですね。

女は、一度「抱かれたい」となると、展開が早い。

私たちも三度目のデート、あのテーマパークに

遊びに行った帰りに、ラブホにお泊りして、

結ばれました。

夜の8時過ぎに、一緒に名物の花火を見ている時に、

「今日は、一緒にお泊りしようよ」と誘うと、

彼女、小さく、しかし、しっかりとうなずいてきたのです。

 

ホテルでは、もうお互い、待ちきれないって感じで、

部屋のドアを閉めると同時に立ったままで、

嵐のように、激しく口を吸いあいました。

でも考えてみると、それまでの3回のデート中、

手はつないだりしてたのですが、

それ以上のことは全く何もしてなかったので、

唐突といえば唐突。

でもね、何度も言いますけど、女子とうまく行く時っていうのは、

まあそんなものなんです。

女子はもうとっくにその気なんですよね。うふふ。

それから、見つめあうと、彼女がすごく切なそうな顔をして、

「ふうううん」と鼻を鳴らすので、

そのまま、ベッドに押し倒して、服を全部脱がせて、

身体中を舐めたりさすったりしました。

こういうセックス直前の女子の「エッチなことしてよ顔」って

たまらないものがありますよね。

彼女の肌は、すごく白くてすべすべもちもちしていて、

最高のさわり心地。それとは対象的に陰毛は結構濃くて、

その奥から覗く割れ目は、きれいなサーモンピンクをしていました。

そこもたっぷりと弄って、彼女をいかせまくり。

「あ!ああああ!ああああん!感じるう!

なんかなんか、変になっちゃうよお!

ああん!ああん!ああん!」

アイドルだから、という訳でもないでしょうけど、

すごくかわいい声を出して、感じまくる。

その声で、こっちもいよいよ興奮してくる。

もっともっと感じさせたくなるって感じ。

結局、正常位、バック、騎乗位、横ハメ、縦ハメと、

いろいろ体位を変えて、何回もやりまくってしまいました。

セックスの後は、彼女の身体をいじくりながら、

いろいろ話をしました。

「ファンの人とかとこんなふうになっちゃうこととかあるの?」

ううん、と首を横に振る彼女。

「ファンの人とは絶対にしない。だって、ファンはファンだから」

どういうことか詳しく聞いてみると、彼女は言うには、

つまり、ファンという人は、自分を応援してくれて、

支えてくれる人たちなので、

恋愛の対象には絶対ならないのだそうです。

「だって、そうなっちゃったら、

その人はファンじゃなくなっちゃうから」

つまり、自分は、ファンをひとり失うことになる、ということ。

だから、絶対に、どんなに言い寄られても、

ファンとは付き合わないし、絶対寝たりしないんだそうです。

「その代わり、ファンじゃない、中原さんのような人で、

エッチしてもいいな、と思える人とは、ね。うふふ」

なんだそうです。

「でも、ファンの人には絶対内緒ですよ」

そりゃそうだね。内緒内緒。

ファンの人には絶対内緒。

こういうふうに、内緒のエッチっていうのも、

また、いい味付けなんですよね。

彼女とは、それから、何回か会って、カラオケとかいった後、

ラブホみたいな感じで、セックスしましたけど、

ある日、結婚します。とかいうことで、

なんとなく、自然消滅してしまいましたね。

実は、彼女の他にも、地下アイドルって人種の女子とは、

何人か付き合いましたけど。その話は、また、今度。

 

⇒本当に好きな子、絶対に彼女にしたい子、っていうのは、

案外、落とせないものです。

なぜかというと、自分が好きだと思うような子というのは、

美人だったり、魅力的なので、もうすでに彼氏がいたりして、

それを後で知って、がっかりなんてことがよくあります。

また、男子のほうにも原因があったりする。

それは、「この子だけは絶対にふられたくない、

嫌われたくない」なんて思い込みが強すぎて、

せっかく二人で話すチャンスに恵まれても、

緊張しすぎて、うまく自分の気持ちを伝えられなかったり、

デートとかを楽しめず、それが彼女に伝わってしまったりする。

そんな理由から、本命の彼女を逃してしまったりするのです。

そういうミスを払拭して、狙った女子を百発百中で落とす

必殺のテクニック、これを身につければ、

悔しい思いをすることはないでしょう。

そのテクニックをわかりやすく、恋愛初心者にも

実践しやすいテキストを、ネットで提供しています。

ぜひ利用してみてください!

後藤孝規のWoman master Project 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 返金保障、最強の特典&最強のサポート付きのレビューと特典案内はコチラ

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^



本日のランキング応援クリックありがとうございました(*´∪`*)


秘密のエッチ体験談告白/エロ体験まとめ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

  • 女って、こんなにエロいものだったとは!

      ある時、あるサイトのコラムで、 「健康で若い女ほど性欲が強い」と書いたら、 「いくらなんでもそんなバカな話は信じない!」という コメをもらったことがありました。

  • 不二子みたいな女と

    人気歌手で人気俳優の星野○は、 「ちっぱい」な女が好きなんだそうです。 この前、読んだエッセイに書いてありました。 私の彼女たちには、ちっぱいもいれば巨乳もいます。 ちっぱいにはちっぱいのよさ、巨乳には巨乳のよさ、 普通 […]

  • 命令服従の関係に慣れてる女性自衛官

      皆さんは、女性自衛官の知り合いっていますか? 私にはいます。 いますどころか、女性自衛官とエッチしたこともありますよ。

  • リアルセックスだから味わえること

    「リアルなセックスなんて面倒くさいし、 性病が心配だし、女は邪悪だしNG! 今は、おかずの動画もいっぱい見れるし、 テンガもあるから、オナニーしてれば十分楽しいし!」 という人が増えているような気がします。

  • 劇団女優と「愛人ごっこ」

    世の中、女優さんになりたい!という女子って 結構いっぱいいるものです。 そういう華やかなものに憧れるのって、女子の本能なのですよね。

  • 保母さんと幼児プレイ

      保母さんとセックスしたことありますか? 私は、保母さんとはしたことありませんが、 保母さんの卵、つまり、幼児保育の勉強をしている 大学生とセックスしたことがあります。

  • 劇団の女の子とのセックス1

    前回、スナックナンパの話をしたので、 今回は、そのスナックで 劇団員の女子とエッチした時のお話をしましょう。

  • 宿呑みから乱パ 1

    最近は、そういうことはしなくなったのですが、 ちょっと昔の話。まだ、サラリーマンだった頃のことです。 夏休みに、気の合う同僚(男2人)と民宿に海水浴に行きました。

  • ソーシャルゲームで女子ゲットに成功!

      前回、ネットのSNSからオフ会の流れでセフレゲット! という体験をお話しましたが、最近、 もっと手軽で手っ取り早いゲット体験をしてしまいました。

  • 3Pセックスの微妙に面白いとこ

    お正月早々、成人式を迎えた女子ふたりと3Pセックスを 楽しみました。 正確に言うと、成人の日の前々日の土曜日のことです。

  • 快感!全身リッププレイ

    この前、ワンナイトラブした彼女は、21歳のOLさん。 こんな場所で知り合いになり、その日のうちに ホテルへ。

  • 激エロナースたちと割り切り3Pセックス

      私は、基本、医療関係の仕事をしている人を尊敬しています。 だって、人の命を預かる仕事なんて、それだけで エライじゃないですか。 特に、ナースの人って、結構、病人の下の世話をしたり、 いろいろ大変な仕事なんで […]

  • 婚活サークルでエッチしまくった!

      今回は、ある婚活サークルで女性とエッチしちゃったという ちょっとうらやましい体験をしたHさん・34歳のお話です。

  • 旅先で出会った女ライダーとの行きずりセックス

    それまで、普通免許を持っていたのですが、 ある日、「そうだ!バイクに乗ろう!」と思いついて、 免許を取り、早速バイクを買いました。

  • バイト先の巨乳ウェイトレスとシテみた

    皆さんは転職したことありますか? 私はあります。 まあ、その時は、仕事でもプライベートでも、 いろいろなことがあって、それまでの生活が いやになり、一から出直そうと会社を辞めたのです。

  • 地味メガネ女の本当の顔

    いろいろな女と付き合っていると、 ときどき、「嘘でしょう?こんな子だったの?」 ということに出くわすことがあります。

  • 初めて女子をイカせた時掴んだ、いかせテクニック!

    今まで、いろいろな女子をナンパしたり、口説いて、 いろいろなシチュでセックスを体験しました。 それで、結論として言えることは、

  • どうせするなら思いっきりエッチなことされたい

      女子というのは、普段、気取っているものです。 「あたし、男大好きです!セックスしたくてしたくて たまりません!」なんて言ったり、態度に出してくる 女なんて普通いません。

  • 初体験した人に感想を訊いてみた!

      今回は、初体験を済ませたばかりの26歳Aさんに その体験談を語ってもらいます。

  • バレリーナと軟体プレイ

      今まで、いろいろな子とセックスをしてきましたけど、 その中でも、一番レアな経験だったのが、バレエをやっている子。 つまり、バレリーナとの本番セックスでしょうか?

誰も知らない超穴場ナンパスポットの実践日記(。+・`ω・´)シャキィーン☆

  • 女子自衛官とSMプレイ

    以前、ナースに逆ナンされた話を書きましたが、 同じ飲み屋(といっても女子が好きそうなこじゃれた飲み屋) で、また、同じ友人と、また、女子ハントに出かけた時の話です。

  • 保母さんの本当の性欲2

    今回は前回の続きです。   ナンパでひっかけた、巨乳女子は、 25歳、職業保母さんでした。 彼女は、ラブホで「本物の保母さんとそういうプレイする?」 とか誘ってきた。

  • 不二子みたいな女と

    人気歌手で人気俳優の星野○は、 「ちっぱい」な女が好きなんだそうです。 この前、読んだエッセイに書いてありました。 私の彼女たちには、ちっぱいもいれば巨乳もいます。 ちっぱいにはちっぱいのよさ、巨乳には巨乳のよさ、 普通 […]