「まともではふられる!」そうかなあ?

onnadco

前回、地下アイドルとのメイクラブの話を書きましたが、

そういえば、

以前、地下アイドルだった子がファンの男に襲われる、

という事件があったこと、覚えていますか?

ニュースとかの記事を見ますと、

この事件の犯人の男、実際に犯行が起こす前に、

被害者の女性に、いろいろなことをしでかしているんですよね。

「好きだ」とかの告白。これはまあ普通のことでしょう。

ところが、そのタイミングで、この犯人、

彼女にエロ本とかを贈っているって話なんです。

???

「好きです。男女として付き合ってください」と告白する時、

なぜ、エロ本なんか贈るの?

気持ち悪がられるだけじゃない。嫌われるだけじゃない。

とまあ、犯人に突っ込みを入れてもしょうがないし、

こんな犯罪を冒すような奴だから、そもそも変なんだ。

ということは言えますがね。

でも、そこまで極端じゃないかもしれませんけど、

世の中には、ああ、そんなことしなきゃ

うまくいったかもしれなかったのに。

ということをしでかしてしまっている人って

よく見かけるんですよね。

 

たとえば、告白する時に、

「僕みたいな奴が、こんなことを言うなんて、

迷惑だと思うけど」とかって切り出す。

なぜ、わざわざ最初にそんなことを言うのでしょう。

それって、OKの確率を下げるだけなのに。

 

あと、先ほどの例のプレゼントのこととかですけど、

この犯人のようにエロ本なってのは、論外ですけど、

なんとか目立とうとして、相手の女子がびびるくらい

妙に高価なものを贈ったり、

下着とか贈ったり、変なチョイスをしてしまう人、

結構いるんですよね。

別に、普通のものを贈ればいいのに。

プレゼントの渡し方も、サプライズとか、

奇をてらって、むしろ、失敗したり、

普通のものを普通にプレゼントすればいいのです。

会話とかでも、普通に話せばいいのに、

妙に、かっこつけて、「僕の正体は言えない」とかね。

思わせぶりをしたりして、女子をしらけさせていたりする。

そういうことをしでかしがちな人というのは、

まともとか普通のことをしていては、

女子の気を引けないし、

女子に「好き!」とか思ってもらえない、

とか思い込んでいることが多い。

その裏には、「自分自身の自信のなさ」が隠れている。

自分は、女子が「セックスしたい」という対象には

なれないんだ、と思っている。

だから、なんとか一発逆転、変わったことをしようとする。

まず、その考えは捨てたほうがいい。

女子というのは、むしろ、普通な奴、

普通の行動をする男を好きになるのです。

周囲で、カップルになっている男女を見てほしい。

変わった奴なんかほとんどいなくて、

ごく普通の人間が、ごく普通に

デートとかしていることがほとんどです。

ごく普通にしていたほうが、女子にはモテるのです。

まあ、もちろん、そうしていたからといって、

百発百中、うまく女子と付き合えるという訳ではありませんけどね。

ブルゾンちえみじゃないけど、男の数は35億5千万人。

女子が必ず、あなたを選ぶとは限らない。

でも、変なアピールしたり、変なプレゼントしたりするより

普通に接したほうが数十倍結果はいいはず。

とにかく、「自分はまともにアプローチしても

女子には相手にされない」とかいう考えを捨てて、

素直に接すること。

それでふられるのなら、それでしかたない、と

腹をくくること。

そうしていれば、きっといい子と出会えますよ。

 

⇒男と女、大人になれば自然に惹かれあい、

セックスをするもの。

まあ、本当は、そうなんでしょうが、

人間というものは、いろいろ余計な知恵がついてしまったせいで、

素直に付き合って、セックスする、という訳には

いかなくなってしまっているようです。

それだからこそ、異性にどう近づくか、

異性をどう口説くか、セックスする時はどうしたらいいか、

そんなことを、あらかじめ、学んでおく必要が

出てきているのです。

その基本的なテクニック、今、ここで手に入ります。

ぜひ、ご覧になってみてください!

後藤孝規のWoman master Project 映像&音声&テキストの究極の恋愛ノウハウ 返金保障、最強の特典&最強のサポート付きのレビューと特典案内はコチラ

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^



本日のランキング応援クリックありがとうございました(*´∪`*)


秘密のエッチ体験談告白/エロ体験まとめ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

  • 初体験した人に感想を訊いてみた!

      今回は、初体験を済ませたばかりの26歳Aさんに その体験談を語ってもらいます。

  • アスリート女子との激しくセックス

    「来週ですよお! 来週の土曜日と日曜日ですよお! 忘れてませんよねえ!」

  • 劇団女優と「愛人ごっこ」

    世の中、女優さんになりたい!という女子って 結構いっぱいいるものです。 そういう華やかなものに憧れるのって、女子の本能なのですよね。

  • これは、もしかして枕営業?

    ネットなどでは、たまに、「枕営業」の話題って、 出てきますよね。

  • 婚活サークルでエッチしまくった!

      今回は、ある婚活サークルで女性とエッチしちゃったという ちょっとうらやましい体験をしたHさん・34歳のお話です。

  • 美人留学生とのおいしいセックス

      皆さんは外国人とセックスしたことがありますか? 私は、何カ国かの女子とセックスをしたことがあります。 その中の体験のひとつをお話しましょう。

  • バレリーナと軟体プレイ

      今まで、いろいろな子とセックスをしてきましたけど、 その中でも、一番レアな経験だったのが、バレエをやっている子。 つまり、バレリーナとの本番セックスでしょうか?

  • とにかく明るい、セックス大好きっこ

    大昔、今から30年くらい前の人気ドラマで 「東京ラブストーリー」という番組がありました。

  • 快感!全身リッププレイ

    この前、ワンナイトラブした彼女は、21歳のOLさん。 こんな場所で知り合いになり、その日のうちに ホテルへ。

  • カックルドというセックスプレイ体験記1

    皆さん、カックルドという言葉を知っていますか? 英語では「CUCKOLD」と書きます。 CUCKとは、あの鳥のカッコーのこと。

  • 家出女子のその目的

      昔、ある地方都市に転勤して暮らしていた時のことです。

  • カックルドというセックスプレイ体験記2

    (今回は前回の続きです)  カックルド。夫の目の前で、奥さんとかと セックスするプレイのこと。

  • 出会った!誘った!喰ったどお!

    このブログでは、今までの苦労が嘘みたいに 面白いように女にモテる、すぐに女とやれるコツ、 テクニックを伝授していきます。

  • 地下アイドルとのエッチは内緒

    この話は、2年ほど前のことですけど、 まず、最初におことわりしておきたいのですが、 地下アイドル、つまり、メジャーのプロダクションとかには、 属してなくて、独立して、アイドル活動をしている子が、 すべて、こういうことをし […]

  • 宿呑みから乱パ 2

    今回は、前回の続きです。   とある小さな漁師町の民宿に遊びに行った男三人。 ものすごくおいしそうなJD2人組をナンパすることに成功。 宿で飲んでいるうちに盛り上がって、 とうとう本番エッチに突入。

  • 保母さんの本当の性欲1

    あなたは、セックスの時、おとなしくて反応の薄い子と すごくエロくなって乱れる子とどっちが好きですか? 私は、圧倒的に後者の方のタイプですね。

  • バイト先の巨乳ウェイトレスとシテみた

    皆さんは転職したことありますか? 私はあります。 まあ、その時は、仕事でもプライベートでも、 いろいろなことがあって、それまでの生活が いやになり、一から出直そうと会社を辞めたのです。

  • 宿呑みから乱パ 4

    今回は前回の続きです。   片田舎の漁師町に夏休み旅行に行った男三人。 ラッキーなことに、ナイスバディのエロ水着JD 二人組女子をゲット。 民宿で一緒に飲むうちに、なし崩し的に乱パ状態に!

  • 保母さんの本当の性欲2

    今回は前回の続きです。   ナンパでひっかけた、巨乳女子は、 25歳、職業保母さんでした。 彼女は、ラブホで「本物の保母さんとそういうプレイする?」 とか誘ってきた。

  • ソーシャルゲームで女子ゲットに成功!

      前回、ネットのSNSからオフ会の流れでセフレゲット! という体験をお話しましたが、最近、 もっと手軽で手っ取り早いゲット体験をしてしまいました。

誰も知らない超穴場ナンパスポットの実践日記(。+・`ω・´)シャキィーン☆

  • 日本大好きフランスっ娘とエッチ

    最近、テレビ番組とかで、「日本好き」 「子供のころから日本に来て見たかった」 なんてインタビューに答える外国人の女子、 なんてシーンが流れたりすることがありますよね。 そういう子って、ほんまにいるのかいな、

  • 女子自衛官とSMプレイ

    以前、ナースに逆ナンされた話を書きましたが、 同じ飲み屋(といっても女子が好きそうなこじゃれた飲み屋) で、また、同じ友人と、また、女子ハントに出かけた時の話です。

  • 保母さんの本当の性欲2

    今回は前回の続きです。   ナンパでひっかけた、巨乳女子は、 25歳、職業保母さんでした。 彼女は、ラブホで「本物の保母さんとそういうプレイする?」 とか誘ってきた。