ラブマッサージ

中原ブログ201802ラブという言葉、英語のつづりでは、LOVE

と書きます。とか、知ってますよね。

で、この言葉、最初の文字って、Lじゃないですか。

このL、エルっていう言葉と、

R、アールっていう言葉の発音、

そして、VとBも、

日本人には、発音分けが難しいようで、

多くの日本人が、アイラブユーとかいうと、

ネイティブには、LoveがRub、

つまり「擦る」という発音に聴こえるらしい。

つまり、「私、あなたを愛してます」と言ったつもりが、

「私、あなたをこすります」と言ってることになっちゃう

という英語にまつわる笑い話です。

さて、しかし、LとRの違いはともかくも、

擦る、というのは、なかなかエロい行為ですよね。

私は、女の子をデートとかドライブに誘い出せたけど、

その先の、つまりベッドに誘うためのきっかけに、

マッサージを使わせてもらうことがあります。

どういうことかというと、

「なんか、今日、ドライブで疲れちゃったよ、

なんか背中がばりばり」とかなんとか言って、

マッサージの話題にふるのです。

女子というのは、かなりの確率で、肩こりとか

体が張るとかいう悩みを持っているもので、

マッサージ大好きな奴がいますので、

この話題になると、結構、話が弾むのです。

特に、「ハワイアンなんとか」とか「タイ式かんとか」とか

エステとかリゾートとかと絡んだマッサージは、

やったことがあるとか、やってみたいとか、

まあそんな感じで、話が弾みます。

え?男女ふたりの時に、マッサージの話なんか持ち出したら、

なんか、あからさまに誘っているみたいじゃん、って?

そうですよ。あからさまに誘っているのです。

そういう誘い水をかけて、「え?何言ってるの?」

って感じで、拒否されたら、それはもう脈がないってことで、

撤収の目安になるから、言っていいのです。

いや、むしろ言うべきです。

まあ、そういうふうに、拒否られる確率って低いと思いますよ。

だって、デートとかドライブとかに来た時点で、

女子のほうだって、いろいろエロいことを

妄想したりしている訳ですから、

あなたが「マッサージ」とか持ち出してきた時点で、

「お、そう来たか」ってなもんです。

ここで、女子のほうが乗ってくればしめたものです。

そのまま、「マッサージしようよ」とか言って、

ベッドに誘っちゃえばいいんです。

マッサージは、こっちがするのか、されるのか。

ということですが、

私の経験から言うと、自分の身体を触られることに

抵抗感がある女子もいますから、逆に、

「マッサージしてよ」とか「肩もんでよ」みたいに、

こっちを触らせるほうが、拒否される危険性は低いものです。

まず、彼女に自分を触らせて、身体の接触に慣らす。

男と女は、こういう時、出来レースみたいなものだから、

まあ、肩触るのOKな女は、もう落ちてるようなものですけど。

ついこの前も、そんな感じで、女子とエッチなことをしました。

飲み屋で、知り合った、というか、つまり、

引っかけた紗江子という女子。

ちょっとギャルが入ってて、

おとなっぽい感じの子だったのですが、

実際に年齢を訊いてみると19歳。

田舎から東京に出てきたばかりのOLでした。

「ドライブに行こう」と持ちかけて、

デートに連れ出した。

こういう田舎から出たばかりで、

「都会の女にならなきゃ」的に肩肘張っている子

というのは、簡単に落としやすい。

なんせ、これから、いろいろ(エロエロ?)経験

しなくちゃ、みたいに思っている子が多いから。

 

まず、「肩が凝っちゃったから、ほぐしてくんない?」

とドライブの帰り道、彼女に持ちかけて、モーテルへ。

そこで、肩をもませる。

それから、「背中も張ってるんだ」とか言って、

触る範囲を徐々に広げる。

背中などは、彼女に踏んでもらってもいい。

とにかく、肉体的に接触することが肝心。

で、彼女が疲れてきたなってタイミングで、

「じゃ、お返しに、今度は僕がやってあげるよ」

と交代して、彼女の肩や背中をさすったりもんだり、

この時、無理に洋服とかを脱がせる必要はありません。

(どうせ、そのうちに脱がせるんだから、あせる必要はない)

洋服の上から触っても、女子は、それだけで、

相当高まります。

こっちも、女子のやわらかい身体に触って、いい感じ。

どんどん触ったり、さすったりしていくうちに、

彼女のほうも、息が荒くなってきて、すっかり

その気になってくる。

「ちょっと、うまくほぐせないなあ」とかなんとか言って、

服を脱がせる。

より彼女のなめらかな肌を直接触れることができて、

心地いい。

どんどん、ふたりで、エロい気分が盛り上がる。

「ああ、いやん」

彼女の脇の下にちょんと触れる。

「くすぐったいよお」鼻にかかった声。

感じているのです。

下着の中に指を入れて、直接触る。

ブラに指を差し入れて、指先で、乳首を弄ぶ。

「あああ、ううう」と彼女、もだえる。

特に、敏感に感じる部分に触れると、

びくんと震える。

その反応が面白くて、どんどん触りたくなる。

指だけでは足りず、唇もつける。

もうここまで来てしまえば、マッサージというより、

愛撫、ペッティングですよね。

「あ、いやああん」とか、

もう彼女も完全セックスOKモードに。

ショーツの股に指をくぐらせて、あそこを触ると、

もう洪水状態で、入れてくれ入れてくれと

あそこが言っているみたい。

ふたりで、むさぼりあうように身体をなでまわし、

なめまわしてから、おもむろに、挿入して、

彼女を仕留めました。

もちろん、一発では収まらず、三発発射。

日帰りのつもりでしたが、お泊りに。

後で、彼女に感想を聞いたら、

自分が肩をもんでる時点で、もう高まっちゃって、

セックスしたくてしょうがなくなり、

交代で、身体を触られているうちに、実は、

2回くらいイッちゃってたんだそうです。

そう言えば、彼女、びくびくしていたもの。

彼女とのセックス、なかなかきっかけがつかめない、

とかいう時、この「マッサージ」ってやつ、

是非、試してみてください。

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^



本日のランキング応援クリックありがとうございました(*´∪`*)


秘密のエッチ体験談告白/エロ体験まとめ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

  • 真面目人妻調教日記3

    今回は、前回の続きです。   まじめ人妻さとみを誘惑し、ラブホに連れ込んだ私。 さとみは、超興奮状態。前戯だけで2、3度 いってしまいました。 いよいよ挿入です。

  • とにかく明るい、セックス大好きっこ

    大昔、今から30年くらい前の人気ドラマで 「東京ラブストーリー」という番組がありました。

  • オフ会で超変態のセフレができた!

    今の時代、ネットで女をゲットする、という話は よくあることです。

  • 命令服従の関係に慣れてる女性自衛官

      皆さんは、女性自衛官の知り合いっていますか? 私にはいます。 いますどころか、女性自衛官とエッチしたこともありますよ。

  • 美人留学生とのおいしいセックス

      皆さんは外国人とセックスしたことがありますか? 私は、何カ国かの女子とセックスをしたことがあります。 その中の体験のひとつをお話しましょう。

  • アスリート女子との激しくセックス

    「来週ですよお! 来週の土曜日と日曜日ですよお! 忘れてませんよねえ!」

  • 地味メガネ女の本当の顔

    いろいろな女と付き合っていると、 ときどき、「嘘でしょう?こんな子だったの?」 ということに出くわすことがあります。

  • 地下アイドルでセフレで人妻である

    私のセフレのひとりに、地下アイドルやってる子がいます。 年齢非公表なんですが、地下アイドル歴8年だから、 まあ、アイドルというには、結構いい年齢。かもしんない。

  • これは、もしかして枕営業?

    ネットなどでは、たまに、「枕営業」の話題って、 出てきますよね。

  • 料理得意女子とエッチ 3

    今回は前回の続きです。   料理得意女子のうちにお呼ばれして、 料理だけじゃなく、身体もおいしくいただいちゃった というお話。

  • 宿呑みから乱パ 3

    今回は前回の続きです。   夏の旅行で釣り上げたナイスバディのJD2人組 あっこちゃんとモコちゃん。

  • 女子自衛官とSMプレイ

    以前、ナースに逆ナンされた話を書きましたが、 同じ飲み屋(といっても女子が好きそうなこじゃれた飲み屋) で、また、同じ友人と、また、女子ハントに出かけた時の話です。

  • 真面目人妻調教日記2

    今回は、前回の続きです。   あることから知り合った、真面目人妻さとみ、34歳。 ちょっといたずら心が出て、この人妻を誘惑して、 堕とすことにしました。

  • 出会った!誘った!喰ったどお!

    このブログでは、今までの苦労が嘘みたいに 面白いように女にモテる、すぐに女とやれるコツ、 テクニックを伝授していきます。

  • 劇団女優と「愛人ごっこ」

    世の中、女優さんになりたい!という女子って 結構いっぱいいるものです。 そういう華やかなものに憧れるのって、女子の本能なのですよね。

  • ナースに逆ナンされる

    女と男、出会いって、いろいろなところであるけど、 大人になってからの一番の出会い場所は、 やっぱり、夜の飲み屋、なんじゃないでしょうか?

  • 自主AV制作を口実に乱交しちゃった!

      女を落とす確率を上げるには、女の習性を知って、 それに即して接するって、当たり前のようですけど、 これが全然できてない男って結構いるものです。

  • 快感!全身リッププレイ

    この前、ワンナイトラブした彼女は、21歳のOLさん。 こんな場所で知り合いになり、その日のうちに ホテルへ。

  • 幸せになれない女とのむさぼりセックス

      男にも、いろいろな性癖、性格の人間がいるように、 女にも、いろいろ変わった奴がいるものです。 その中でも、一番記憶に残った女、それは、 飲み屋で出会ったH子でした。

  • 夏・海・ナンパの成功術

      最近、若者の海離れが顕著なんだそうですね。 つまり、今くらいの時期になっても、海に行かない。 実にもったいないことです。 女子とセックスをしたいけど、なかなかそのチャンスがない、 という人は、海に行けばいい […]

誰も知らない超穴場ナンパスポットの実践日記(。+・`ω・´)シャキィーン☆

  • 保母さんの本当の性欲1

    あなたは、セックスの時、おとなしくて反応の薄い子と すごくエロくなって乱れる子とどっちが好きですか? 私は、圧倒的に後者の方のタイプですね。

  • 女子自衛官とSMプレイ

    以前、ナースに逆ナンされた話を書きましたが、 同じ飲み屋(といっても女子が好きそうなこじゃれた飲み屋) で、また、同じ友人と、また、女子ハントに出かけた時の話です。

  • 保母さんの本当の性欲2

    今回は前回の続きです。   ナンパでひっかけた、巨乳女子は、 25歳、職業保母さんでした。 彼女は、ラブホで「本物の保母さんとそういうプレイする?」 とか誘ってきた。