舐め女との濃厚セックス

中原ブログ1804

 

今って、結構男も女も潔癖な人が

多くなっているみたいですね。

子供のころからの育てられ方なのか、

とにかく、他人の触ったものが触れないとか、

まあ、衛生面に気をつけることは、

悪いことではありませんが、

それも度を過ぎると、男女の営みとかに、

悪影響が出てきてしまいます。

なんせ、男女のセックスというのは、

舐めたり、しゃぶったり、性器と性器、粘膜と粘膜を

こすり合わせたり、もっときわどい、エロいことを

いろいろとして楽しむ訳だから。

実際に「セックスはしたいけど、お尻とかお股とか

舐めあうとか、ちょっと僕には無理です」

というような理由で、セックスに踏み込めない、

という男子とか、私は知っています。

性器接吻どころか、普通のキスにも「抵抗あり」

という人、いたりするんですよね。

そうなると、ちょっと気の毒。

セックスとかできないじゃんか。

いや、まあ、キスとか体舐めとか性器舐めとかなしで、

挿入だけしてピストンすれば可能は可能ですけどね。

この前、出会って、行きずりのセックスした女は、

舐めるのも舐められるのも大好き!という子。

まあ、潔癖症の人には、ちょっと無理な子かな?

彼女とは、出会い系ではないSNSで知り合いました。

最初は、ソーシャルゲームでチームになり、

それから、メッセを交わすようになり、

ある日、「旅行で、そちらに行くので、会いませんか?」

というお誘い。

「よろこんで!」と返信して、後日、本当に会うことに。

長距離バスでやってきた彼女は、旅行にしては、

身軽な格好で、荷物らしい荷物もほとんど持っていませんでした。

ルックスは、スレンダーで、髪は茶髪。

ブラウンのTシャツに、ジーンズ、サンダル、といういでたち。

すごくラフなんだけど、それはそれで、ちょっとかっこよかった。

年齢は30歳、ということでしたが、

たぶん、それって本当のことでしょう。私には年相応に見えました。

で、昼は、彼女のリクエストに応じて、

近くの観光名所をめぐり、行ってみたかったらしい、

パンケーキのおいしい店などに行き、

夜は居酒屋で、食事とお酒を楽しみました。

そもそもそのつもりだったのか、酔って、その気になったのか、

彼女、アルコールが入ると、かなり色っぽい感じになってきた。

目つきがとろんとし、さらに、唇が赤くぬれてきて、

しゃべる時に、ちょっと舌なめずりをするような感じで、

それが、エロ心を誘う。

それで、思わず「今日は、泊まるとこ決めてるの?」と訊く。

もちろん、それはお誘いの文句。

「ううん、決めてない。泊めてくれるの?」

ちょっとろれつが回ってない感じで、しなだれかかってくる彼女。

それで、自分のアパートに連れてきてしまいました。

玄関ドアを閉めると、早速、きつく抱き合って、キス、キス、キス。

もちろん、かわいいキスではなく、舌と舌を

べろべろに絡ませる、超いやらしい、ディープキス。

「ああん、こうしたかったの、こうしたかったの」

とキスの合間に、鼻声でささやく彼女。色っぽい。

こちらも、すぐ超興奮状態になってしまう。

お互い、引っぺがすような激しさで、お互いの服を脱がせ、

まさぐりあう。その間もキスキスキス。

セックスなんて、もちろん、獣っぽい行為ですけど、

その中でも、舐める、という行為は、さらに、獣っぽい。

お互いに、べろべろと舐めあっているうちに、

本当に、野性というか、「やってやるぜ!」

という攻撃的な気持ちがいっそう高まってくる。

彼女のほうも、はあはあと、これ以上にないくらい、

あえぎまくり。

最近は、大人しめの子とばかりセックスしていたので、

ひさびさに、こういういやらしい女を抱けたって感じで、

なんか、もうすでにびんびんになってしまいました。

立ったまま、彼女も、そのペニスを触ってくる。

触ってくるだけじゃすまなくて、ひざまずいて、

いきなりくわえてきました。

ここでまた、舐め上手、舐め好きな女の本性が出てくる。

上目遣いで、うれしそうに、僕のペニスを吸った後、

一旦、口を離して、ぺろぺろと亀頭を舐め回し、

また、先端だけ、ちゅぱちゅぱと音を立てて吸う。

口のプレイがすごくうまい。

快感を高めておいて、いきそうになると、

さっと離れる。責めと焦らし。

そういう間の持たせ方をできるのは相当のテクニシャンだ。

こちらも負けまいと、手を伸ばして、彼女の胸をもむ。

スレンダーな子なので乳房はこぶりだったが、

それはそれで触り心地は悪くなかった。

指先でとんがった乳首を弄ると、

彼女は長いまつげを震わせて「ふううん」と長く唸った。

それからふたりでベッドの上に移り、

さらに激しく愛し合う。

お互い、ところかまわず、お互いの身体中を

べろべろと舐めまわす。

薄暗がりの中で、彼女の舌が、私の身体の

さまざまな部分の上を、ぺろぺろと蠢く様子は、

なんだか、やばいくらいにエロかったです。

もちろん、性器舐めも丹念に。

彼女は、エロい。

中でも、こいつエロいなあ、と思ったのは、

彼女が、ふんふんと息を荒くしながら、

こちらの尻の穴の匂いをかぎながら、

そこをぺろぺろと舐めてきた時です。

なんだか、彼女、快楽には貪欲で、

五感すべてでセックスを楽しもうと

むさぼってくるような感じ。

それがまた、こちらの興奮を誘う。

69の体勢になって、彼女にくわえられながら、

彼女のヴァギナを舌で味わう。

ぷちっと突き出たクリちゃんを、舌で転がすように

刺激すると、彼女は全身を震わせて、もだえまくり、

同時に、ものすごい量のおつゆが、ヴァギナから

あふれ出してくる。

「あああ、いいい!気持ちいい!」

もう、彼女、どこかにぶっ飛んでしまっている感じ。

それで、また、体勢を変えて、ペニスを、

濡れそぼったヴァギナに突っ込んでやりました。

でも、その間も、さすが、そこは舐め女。

彼女は、私の胸や脇の匂いをかぎながら、

すごく一生懸命に、舌でぺろぺろぺろぺろ

それがすごく気持ちいい。

ひととおり、舐めまくると、今度は

「キスして!」と唇を押しつけて来る。

ピストンしながら、ものすごい激しいキスを

しまくってしまいました。

もちろん、セックスというのは、

ペニスとヴァギナが主役ですけど、

それだけじゃなく、口や舌、といってところを

フルに使うと、すごくいやらしく、気持ちよくなるのです。

舐め上手な女は、セックスの上手な女。

そう言えるかもしれません。

結局、その夜は、一晩中、舐めてはセックスして、

舐めてはセックスして、朝まで、やりまくってしまいました。

「大丈夫、帰りのバスの中で、ずううっと寝てるから」

と彼女は、そう言ってましたっけ。

今度は、私が、彼女の地元まで訪ねていこうかな。

なんて、ちょっと考えたりしています。

だって、まあ、いろいろエロいセフレはいますけど、

彼女ほどの女は、まあ、そんなにはいないですからね。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^



本日のランキング応援クリックありがとうございました(*´∪`*)


秘密のエッチ体験談告白/エロ体験まとめ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

  • 女子自衛官とSMプレイ

    以前、ナースに逆ナンされた話を書きましたが、 同じ飲み屋(といっても女子が好きそうなこじゃれた飲み屋) で、また、同じ友人と、また、女子ハントに出かけた時の話です。

  • 日本大好きフランスっ娘とエッチ

    最近、テレビ番組とかで、「日本好き」 「子供のころから日本に来て見たかった」 なんてインタビューに答える外国人の女子、 なんてシーンが流れたりすることがありますよね。 そういう子って、ほんまにいるのかいな、

  • リアルセックスだから味わえること

    「リアルなセックスなんて面倒くさいし、 性病が心配だし、女は邪悪だしNG! 今は、おかずの動画もいっぱい見れるし、 テンガもあるから、オナニーしてれば十分楽しいし!」 という人が増えているような気がします。

  • 保母さんの本当の性欲1

    あなたは、セックスの時、おとなしくて反応の薄い子と すごくエロくなって乱れる子とどっちが好きですか? 私は、圧倒的に後者の方のタイプですね。

  • 劇団女優と「愛人ごっこ」

    世の中、女優さんになりたい!という女子って 結構いっぱいいるものです。 そういう華やかなものに憧れるのって、女子の本能なのですよね。

  • とにかく明るい、セックス大好きっこ

    大昔、今から30年くらい前の人気ドラマで 「東京ラブストーリー」という番組がありました。

  • 超興奮!夫凝視のスワッピングプレイ 2

      (今回は前回の続きです) もだえまくる奥さんをバックからがんがんに突いてあげました。 まあ、ちょっと中年のダンナと違って、 若い硬いペニスで、激しく責められたい、というニーズに 応えてあげた、というところで […]

  • 真面目人妻調教日記3

    今回は、前回の続きです。   まじめ人妻さとみを誘惑し、ラブホに連れ込んだ私。 さとみは、超興奮状態。前戯だけで2、3度 いってしまいました。 いよいよ挿入です。

  • 超興奮!夫凝視のスワッピングプレイ 1

      今日は、私が若い頃経験した、変態プレイのことを書きましょう。 まだ社会人になりたてのやりたい盛りの頃、 ネットである掲示板を見つけました。

  • 地味メガネ女の本当の顔

    いろいろな女と付き合っていると、 ときどき、「嘘でしょう?こんな子だったの?」 ということに出くわすことがあります。

  • 夏・海・ナンパの成功術

      最近、若者の海離れが顕著なんだそうですね。 つまり、今くらいの時期になっても、海に行かない。 実にもったいないことです。 女子とセックスをしたいけど、なかなかそのチャンスがない、 という人は、海に行けばいい […]

  • カックルドというセックスプレイ体験記2

    (今回は前回の続きです)  カックルド。夫の目の前で、奥さんとかと セックスするプレイのこと。

  • 真面目人妻調教日記2

    今回は、前回の続きです。   あることから知り合った、真面目人妻さとみ、34歳。 ちょっといたずら心が出て、この人妻を誘惑して、 堕とすことにしました。

  • やっぱ旅行っていうのはチャンスだ!

    私の今までの経験から言うと、旅行というのは、 やっぱり、女子をゲットするチャンスに満ちている、 と言えますね。

  • 自主AV制作を口実に乱交しちゃった!

      女を落とす確率を上げるには、女の習性を知って、 それに即して接するって、当たり前のようですけど、 これが全然できてない男って結構いるものです。

  • 出会った!誘った!喰ったどお!

    このブログでは、今までの苦労が嘘みたいに 面白いように女にモテる、すぐに女とやれるコツ、 テクニックを伝授していきます。

  • ナンパ武勇伝 南の島でヤリ放題!

    前回、「女がやりたい相手を探しに来る場所にいくこと」 「女がやりたいタイミングで誘うこと」という 女とやるための大原則の話をしましたが、

  • 真面目人妻調教日記1

    世の中、ロリ趣味な奴が増えてきて、 20代後半とかなると、もうババアだからダメで、 特に、人妻とかはもう圏外も圏外、という風潮が ますます増してきてます。 私としては、大いに歓迎します。

  • バイト先の巨乳ウェイトレスとシテみた

    皆さんは転職したことありますか? 私はあります。 まあ、その時は、仕事でもプライベートでも、 いろいろなことがあって、それまでの生活が いやになり、一から出直そうと会社を辞めたのです。

  • サセ子の純情

    よく世の中では、女子のことを「あいつはビッチだ」とか 「ヤリマンだ」とか、逆に、「うぶだ」とか 純情だとか、淫乱だとか、まあ、いろいろ言いますよね。

誰も知らない超穴場ナンパスポットの実践日記(。+・`ω・´)シャキィーン☆

  • 日本大好きフランスっ娘とエッチ

    最近、テレビ番組とかで、「日本好き」 「子供のころから日本に来て見たかった」 なんてインタビューに答える外国人の女子、 なんてシーンが流れたりすることがありますよね。 そういう子って、ほんまにいるのかいな、

  • 保母さんの本当の性欲2

    今回は前回の続きです。   ナンパでひっかけた、巨乳女子は、 25歳、職業保母さんでした。 彼女は、ラブホで「本物の保母さんとそういうプレイする?」 とか誘ってきた。

  • ナースに逆ナンされる

    女と男、出会いって、いろいろなところであるけど、 大人になってからの一番の出会い場所は、 やっぱり、夜の飲み屋、なんじゃないでしょうか?

コメントを残す